×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

昭和の森TOP
自然観察千葉
昭和の森の地図
昭和の森のHP
12月木の名札付け
指導者協議会報告書
木の見分け方
観察会資料
9月のHOME
9月花:ドングリ
8月HOME
8月花と木の実
見つかった虫
7月HOME
ドロダンゴ作り
7月の花
アオサギ
6月TOP
水質検査
6月の花
大草谷津田
こじま花の会
5月のHOME
5月のトンボ
5月の花
4月のページ
4月の花
3月のトップ
3月紅梅白梅
3月の花
2月のトップ
探偵の実践
森探偵の講習
2月の花
2月の鳥
1月のトップ
木の名札付け
報告書
千葉市少年
自然の家
ミニストップで受け取ると送料無料の本屋さん
ゲームソフト
住友オットーさんのオシャレな洋服の紹介。夏物バーゲンも有ります。
出発前の注文でお帰りのとき自宅に届いている便利なお土産屋さんのご紹介
登山用の雨具を売っているジャスコさんのやっているスポーツオソリテイのご紹介
1万円からの証券投資のご案内
iconicon
水辺の生き物 icon
iconicon
水辺の生きもの icon
iconicon
水辺の生き物 icon
iconicon
鳥類大図鑑 icon
iconicon
ハヤブサ icon
DIYアドバイザー講習会
稲毛海岸の植生
169回昭和の森自然観察会「この木何の木」木の名札付け
開 催 日 
 平成18年1月8日(日)
担当指導員 
 井上、生井、奥村
参 加 者 
 大人15名 子供1名 計16名
 指導員23名 
(報告 奥村)
 余り空の様子を気にしていなかったんですが、久しぶりの晴天のようです。
昨日昭和の森近辺は雪が降ったようで、薄っすらと雪が残っていました。
今日の名札付けに当っては、空模様と参加人数が、気になっていたのですが、
雲一つ無い青空。楽しい観察会を予感させます。

 準備に当って、私は余りにも知識不足で、もっぱら名札作りと、
取り付け方に重きを置く事に決めていました。
名札の材質形状に付いては、3月の末泉自然公園のカタクリの観察会の準備を見学に行き、
偶々その、会議室に取り付け準備の為に置いてあった、
間伐材斜め切りの名札が気に入りそれの形状に決めました。

 次に取り付け方ですが、良く見かける、スプリングやプラシッチックの緩衝材を如何するか、
を考えました。最初はタイヤチュウブの輪切りを考えたのですが、タイヤの入手を考えていた頃
ホームセンターへ行き、売り場を見ていたら、ゴムの60cm平板を見つけ、
これが使えそうだと買い求めました。

 名札に付いては、4月頃から事務長さんに、相談して昭和の森で作ってもらうことにしました。
頂いた材料が、スギと桜でした。枚数は90枚。最初自然に優しいのは、墨かと思い、試しましたら、
桜が滲んでしまいました。そこでペンキやニスを塗ることも考えましたが、焼く事にしました。
ペンキを選ぶに当っては、ペンキのメーカさんに相談し、耐久性は微妙ですが、
看板などの文字や絵を描くペンキにしました。

この時期なので、木には葉っぱも花も実も有りません。
枯葉を見てもらい、
その木に付いていた時を創造してもらいました。
花芽、葉芽、樹皮の状態など、
今の時期で見分ける事の、
出来る材料を色々提供しました。
昨年の参加者数31名を考え、4コースの樹木を下調べの時に用意し、名札も準備しました。
参加者の方に木の名前を書いて貰いたっかたのですが、天候を心配し殆ど書いて準備しました。
午前中の指導員の説明の時から、4コースに指導員を分けて貰い、
木の知識の無い私は助かりました。
我々のコースは、木の名札は全て書いてしまっていた為、参加者の書いて頂けなく、
感想が聞けませんでした。
参加者1人に、一枚と考えずに、準備すると良かったのかもしれません。
実際参加者の方に書いてもらったグループは、参加者の方に喜んでもらえたようです。
所でゴムの緩衝材感想は、2年しかもた無いのなら、棕櫚縄の伸びで充分だろうとの事です。

取り付け素材:棕櫚縄、ゴム、竹ワッシャー。 取り付け完了

iconicon iconicon iconicon iconicon
ネイチャーフォト
入門
icon
里山の花散歩 icon はがき絵で楽しむ icon 昆虫 icon
iconicon iconicon iconicon iconicon
日本の色 icon カラーコーディネーター
のための
icon
野に咲く四季の草花 icon ハイキングで
出会う花
icon
iconicon iconicon iconicon iconicon
共生と共進化  icon 花と昆虫 icon 田んぼでくらす
虫たち
icon
田んぼの
虫の言い分
icon
iconicon iconicon iconicon iconicon
山溪名前図鑑 icon 野鳥の羽 icon 野鳥の本 icon 200羽の歌声 icon