×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第261回昭和の森自然観察会 飛べ飛べバッタ(写真帳)
日 時 2013年9月8日(日)10:00〜12:00 天気:曇り
参加者  指導員10名 
担当指導員 木下順次・藤田浩二・山田益弘
写真・報告 奥村 昭(千葉市)
 昨晩から振り続く雨は朝の5時ごろに上がりました。しかし雲の厚みは変わりません。
2020年の夏季オリンピックが東京に決まった日の朝、このすごい雨はうれし涙だったでしょうか?
指導員の午前中の下見の時間には降雨確立50%です。しかも雷注意報が発令されています。
1部指導員から午後の天気予報は曇りのはずとの意見も有りましたが、担当者から雷の危険は、
避けなければの発言があり、午後からの観察会の中止が決まりました。
午前の下見の折観察会のアプローチが参考になると思い、纏めて見ました。
自然観察千葉のサイト 8月のTOP 9月の花 昭和の森観察会TOP
01 今日の天候です。
02 バッタとキリギリスの見分け方からの説明です。
03 最初に行った場所は車バッタの多い場所です。
04 大きい車バッタが弱っています7。心配そうに寄り添うのは子クルマバッタでしょうか?
04 次はショウジョウバッタやキリギリスなど何種類もいる場所です。
06 白い布を真ん中にして、ばったを追い込みます。
07 今日の成果一寸残念。天気に恵まれればバッチリ。
8 最後の場所はバッタのジャンプのオリンピック。先ずはバッタ採り。
9 ショウジョウバッタにトノサマバッタ、クルマバッタも参戦です。
10 この笑顔。誰のバッタが金メダルでしょうか?