×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第233回 昭和の森自然観察会
「自然観察ウォークラリー〜自然と遊ぼう〜」
日 時 2011年5月8日(日)13:00〜15:00 天気:晴れ
参加者 子ども7名 大人20名 指導員26名 合計53名
担当指導員 岡田富子 佐藤一枝 佐野由輝  特別指導員 佐野幹人(カント)
応援指導員 田井中信子 小林義和 山田益弘
写真・報告 奥村 昭(千葉市)
 昨日は雨です。今日の天気予報は1週間前から夏日の晴れと言うことです。
予報通り良い天気です。今日のテーマは自然と遊ぼうとサブタイトルの付いた、

自然観察ウォークラリーです。ミッションは7つです。
参加者の方はクリア出来るでしょうか?
ガラスの冷水筒で作ったアリ(蟻)の巣は見事な出来栄えです。

おたまじゃくし、チョウ(蝶)の発見、ツクシの不思議、タンポポ、ありんこ探し、
槙はなぜ千葉県の木、オオバコ相撲皆さん見事にクリアです。
 今回の観察会では今までに無い試みが有ります。初めて小学生指導員の登場です。
写 真 集
01 ガラス瓶に作られたありの巣。
02 今日の観察会には沢山の参加者が。
03 何時もはカタクリと一緒に咲くイカリソウ 1月遅れの開花。
04 蟻を捕まえる。ありさんの足は何処に付いている?
05 葉っぱに集まった蟻。蟻さんの共同作業。
06 今日デビューの小学生指導員はタンポポの説明。
07 県の県木のマキ(槙)の説明。モミジと同じで槙と言う木は無い。
08 カエル(蛙)の前足の指は4本後ろ足の指は5本。筑波のガマも同じ。
09 オオバコ相撲の本場所、のこったのこった!
10  デビューを飾った小学生指導員の表彰。
昭和の森TOP 自然観察千葉 美浜散歩道 交流写真展 フォットブック